MENU

 病気療養中の私に連絡をくれたホステスの元同僚は、大変浪費家でした。
いろいろと欲しいものがたくさんあって、そのために夜の仕事を一生懸命やっている人だったのです。
そんな彼女が、仕事を少なくしているなんて言うんだから驚くばかりでした。
誰よりもたくさんシフトを入れていたのに、随分と変わったなと思ったのですが、その理由がパパの存在でした。
「もっと楽にいろいろなものを購入したいって思って、いろいろ考えたんだけどね。
インターネット検索してたら、愛人関係を作るのがいいっていうのが分かったんだよね。
それで調べてみたら、愛人を探す男性ってネットにはたくさんいるらしいんだ。
それでいろいろやったら、凄いお金持ちの男性をみつける事ができたんだよ」
彼女の話にはひたすら興味を持つばかりだったのです。
貯金を崩しながら生活をしていましたから、サポートをしてくれる男性と言うのは羨ましくて仕方がありませんでした。
「本当にインターネットを利用することで見つけられるの?」
「出会い系サイトってあるじゃない、ああいうの使っていくと相手を見つけられるんだよね」
出会い系サイトを使うと、女性を囲いたいと考える男性を見つけ出すことができると言うのです。
「私、仕事してないからそろそろ貯金もやばいんだよね」
「だったらさ美依奈もパパを見つけてみたらどお?」
「どういうの使ったのよ?」

どうしてもその方法というものを聞き出さなければいけない気持ちになってしまいました。
今本当に危険な状態だし、このままでは貯金を全て使い果たしてしまいます。
元同僚は実際に月50万円で愛人契約を手にすることができているのですから、わたしだってきっと何とかなるに違いないって思いました。
まだ20代だし、気にいってくれる男性をみつける事なんて、難しいことではないと思えたのです。