MENU

 LINEを利用して同僚と話し込んでいたのですが、後日食事に行こうと誘われました。
「もちろん私がおごるから大丈夫だよ!」
彼女が支払いをしてくれると言うこともあったし、気晴らしに外に出るのもいいかもしれないと思いました。
それにその時もっと詳しく教えてあげるなんて言ってくれたもんだから、昼間待ち合わせすることになりました。
強い期待感があったんです。
だってパパを見つけられたら、大金を毎月支払ってもらうことができるんです。
病気療養も、心おきなくすることができるようになりますし、エッチな気分も解消できてしまうのですからね。
同僚と日にちを決めて、昼間食事をする約束で出かけていく事になりました。
もともと仲が良かったこともあったから、会うこと自体はとても楽しみだったのです。
それに彼女から美味しい情報を聞かせてもらうことができるのだから、何としてでも会わなければって気持ちにもなっていました。
数日後彼女と待ち合わせをして、久しぶりの顔合わせとなりました。
気晴らしに外に出るだけでも随分とウキウキした気持ちを感じることができていたのですが、彼女の姿を見て驚いてしまいました。
とても奇麗になっていたのです。
前からそこそこ奇麗な顔をしてはいましたが、今は全てが美しいというイメージを持ってしまいました。
きっとエステに行ったり、さらに高い服を購入して着飾っているのがよく分りました。
奇麗になっている同僚を見て驚くばかり、やっぱり助けてくれる男性がいるとこんなに女性って変わっちゃうのかなって感じがしました。

久しぶりの再会に笑顔で挨拶をして、立ち話なんかも楽しんでそして食事に出かけていきました。
そこで彼女の口から、パパ探しの秘訣を教えてもらうことになったのです。